蛙のゴム靴

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ワールドカップ最終予選 イラク戦 


自国で試合ができないイラク。現在2敗。日本に負ければ3連敗となり、ワールドカップ出場は絶望となるだけに、なんとしてでも勝ちたいところ。かたや、過去の統計では絶望的な初戦敗退で、崖っぷちの日本代表。こうなると、出場できる感じがしない。

試合は、終始イラクに圧され気味。松木のアホな解説がうざい。ネクラ金田のボソボソ解説よりはいいが。
柏木が司令塔のポジションにいるが、相変わらず機能していない。両サイドバックのW酒井がネックなのは相変わらず。

香川に代わって出ている清武が抜群の動きをみせている。結果オーライだが、香川でなく清武で良かったと思う。試合は原口の偶発タッチで先制。これは清武あっての得点。

後半、セットプレイで同点になる。
日本は数年前までは、過去最強の代表チームとされたが、今では見る影もない。本田は精彩を欠き、このままでは代表すら危うい。香川は以前から、いかにもメディア受けするカッコだけのプレーをしてばかりで、結果を出せない。

香川なら本田に細かいパスを出して、チャンスをことごとくつぶすより、清武のようにアシストに徹する、あるいは、ボールに絡むというスタイルが小気味よい。香川は自分の手柄ばかり求めているので、海外でも出場機会がなくなっている。

長友がケガで出れないのは致命的だ。W酒井は毎回、必ず決定的なミスをするが、長友にはそれがない。この両サイドバックが代表でいる限り、日本の浮上はありえないと思っている。かつては、長友、内田がいたからこそ、代表最強という称号を与えられ、期待ができたのだ。

柏木に代わり、山口蛍が起用された。攻撃的な選手ではないが、目立たないところで、きちっと仕事をこなす、"いぶし銀"プレイヤー。本田、香川同様、見るべきものもない岡崎に代わり、浅野が起用されたが、岡崎よりはこうした若手を使った方がいい。

毎度、すぐにこける、倒れる"苦笑い岡崎"は全然成長がない。あげくは、満足できないのか、チャンスを逃すと首をかしげる始末。これは本田も同じで、もはや本田、岡崎、香川のポテンシャルではアジアですら通用しない。

相手に研究されているのは当然だが、それでも世界一流といわれる選手らはそれをはねのけて、自らのプレーをこなしてみせている。それが一流と三流の違いだろう。

本田はここに来て、ようやく己の下手さ加減に気づいてきたようで、ワールドカップ優勝、など出来もしないことを口に出すことはなくなった。大言壮語で自らを鼓舞してきたのが本田のやり方だったが、それすら言えないのは、プレイヤーとして最終局面を迎えてきたのだろう。完全にピークを過ぎた、かつてのエースは、これで代表引退であることは間違いない。出場を逃した戦犯になるか、出場できても代表枠から外される可能性もある。

また負けたか、と思い始めたアディショナルタイムも半分を過ぎたころ、蛍が抜群のシュート。これが決まって、皮一枚でつながった。次のオーストラリアにアウェーで勝てば、モチベーションが高まり、かなり出場に近づけると思われるが、勝てる要素がないのは明らか。

それにしても蛍のシュートはうまいところをついた。敵味方がごちゃまぜでいる中、よく入ったものだ。

これがあの大久保だったら、ゴールを超えて場外ホームランになっていたことは間違いない。


PL024579.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL6 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tpsl410.blog.fc2.com/tb.php/1805-824c0994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
?