蛙のゴム靴

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

残念なナレーター 


IMG_2368.jpg

戦時中、満州に渡った村人たちの悲劇を追ったドキュメンタリー。録画しておいたものを見た。
題材はいい。よく知られていない現実を知るのはいいことだ。

残念なのは、語り。

語尾の半分がまったく聞こえない。声に芯というものがない。大きな声で話す、ということをしたことがないのがわかる。
よくこんなボソボソ語りに語りをやらせたものだと思う。天下のNHKが流すレベルにないと感じる。名古屋だからか?

この語りでは、歌を歌わせてもまったくダメだろう。肺活量が全然ない。最初の音だけは大きいが、他はまったく響かず、そもそも届かない声なのである。よくこんな声でナレーターといえるものだ。ナレーターの依頼は断ってほしいものである。


IMG_2371.jpg


おまけにバックに流れるBGMがやたら大きい。
"語り"の声が聞こえないところへ、大音量で音を被せて、番組を台無しにしている。素人が制作しているのだろうか。

制作サイドがまともなら、もう少しまとまな番組になったと思うが、スタッフはじめ、語りがこれじゃさっぱりである。

即、削除した。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tpsl410.blog.fc2.com/tb.php/1823-d5306910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
?